待遇と高給与は度外視、ベトナムで働ける「事務」の求人情報


ベトナムには事務や総務、人事等アドミン系の仕事に関する求人募集がたくさんあります。日系企業が現地採用で求人を出していることもありますし、現地企業やベトナムに支社を持つ他の外資系企業からの求人もたくさんあります。その企業の性質や業種によって事務職に求められるスキルや語学力などは異なりますが、語学力に加えて複数の仕事を同時進行でこなせるマルチタスクができる人材だと採用されやすくなるかもしれませんね。事務や総務・人事系の仕事は駐在員として派遣されることは少ないため、現地で出される求人募集を探すことになります。求人情報を取り扱っているサービスを利用するなどして効率的な仕事探しをするのがおすすめです。

事務や総務・人事系の仕事は、ベトナムの公用語であるベトナム語でのコミュニケーションや電話対応ができるスキルが最低限必要となります。また、書類作成やメール対応なども職務となることが多いので、書類作成ソフトや表計算ソフトなども使いこなせた方が採用されやすくなるようです。経理や貿易事務など専門的なスキルを持っている場合には、それを生かせる仕事を探すことによって、高待遇での採用も可能となります。

駐在員ではなく現地採用の仕事が圧倒的に多いですが、その中でも高待遇の仕事を見つけたい場合には、ベトナムの現地企業よりも外資系企業からの求人を狙うのがおすすめです。ベトナムでは一般的な給料の目安は1500ドル程度と言われていますが、スキルや経験を活かせる仕事なら、事務系の仕事でも毎月2000ドルぐらい稼ぐことも可能です。日本語を生かせる仕事をしたい人は、日系企業からの求人を探すという方法も良いでしょう。福利厚生においては、現地採用の場合には日系企業の場合でも福利厚生は現地企業のものに従うことになり、ベトナムの社会保険や健康保険が利用できます。
事務の求人とその給料での現地生活情報を探すのに最適な情報サイト

労働許可が困難、ベトナムでの飲食系の求人情報は見つかるか

ベトナムにはたくさんの飲食店やサービス系のショップがあり、求人もたくさん見つけることができます。日本で雇用されて駐在員としてベトナムへ派遣されるという仕事はかなりまれで、ほとんどの求人は現地企業や現地の日系企業が現地採用をしています。日本で生活しながらベトナムで飲食やサービス系の仕事を探したい人は、ベトナム国内の求人を取り扱っている求人サービスなどを利用しながら効率的に見つけると良いでしょう。現地で人材を十分に雇用できる仕事が多いため、就労ビザのサポートは行っていない企業も少なくありません。就労ビザが必要な場合には、求人数は多くても実際に働ける職場を見つけるのは少し困難になるかもしれません。

ベトナムの公用語はベトナム語なので、現地の人が多く足を運ぶ飲食店やサービス系のショップなどではベトナム語で日常会話ができることは必要最低条件となります。また、観光客や良く足を運ぶ観光名所や都市部などでは、日本語や英語のスキルが評価されるところもあるため、日本語を生かして働くこともできます。語学力はビジネス会話のようにハイレベルでなくても問題ありませんが、語学力があったほうが仕事は見つかりやすくなるので、ベトナムで働きたいと考えている人は普段から語学力をブラッシュアップしておくことをおすすめします。

飲食系やサービス系の仕事は、正社員として働くという選択肢の他に、アルバイトなどで働いている人もたくさんいるので、出されている求人も正社員なのかアルバイトなのかに注意して仕事探しをすることになります。就労ビザのサポートはアルバイトでは受けることができないので、日本からベトナムに仕事に行きたい人なら正社員の仕事に絞り込んで探すと良いでしょう。給与や待遇は仕事によって多種多様で、観光客が多く訪れる高級レストランなどでは比較的高待遇で働くこともできますが、現地の人が頻繁に利用するような施設では、あまり高給は期待できないようです。

PR:ベトナム求人の道案内 | 日本人の転職・サイト・生活情報

語学力、営業力が求められる、ベトナム海外営業の求人情報

ベトナムに進出する日本企業はたくさんありますが、ベトナムへの進出を進めているのは日本企業に限ったことではありません。物価も人件費も安い東南アジアの中でも安全なベトナムは、企業のオフショア対策としてとても人気のある国で、世界各国がベトナムへ支社展開を行っています。新しい分野へ進出する場合や新規ルート開拓など、ベトナムで営業の仕事をする求人もたくさんあり、日系企業からも現地採用で求人がたくさん出されています。現地採用の場合には、日系企業でも駐在員とはステータスが異なり、給与などは現地の物価に合わせた計算となりますが、日本語に触れながら仕事をしたい人にとっては、たくさんの選択肢の中から希望や条件に合わせて仕事を選びやすい職種と言えます。

ベトナムで海外営業の仕事をする場合には、現地の人と対等に交渉するスキルが必要になるため、語学力はベトナム語と英語でかなりハイレベルなスキルが求められます。事前にTOEICを受験したりして、自分の語学力を客観的に表示することが大切ですが、目安としては最低でもTOEIC800点以上はあったほうが良いでしょう。ベトナム語も流暢に話せた方が採用されやすくなります。さらに、営業の仕事はコミュニケーション能力や対人スキルも必要となるため、知らない人とでも距離を置かずに話ができたり、どんな場合にも前向きに立ち向かえる姿勢なども持っていなければいけません。

海外営業の仕事は、経験や実績に合わせてお給与は異なり、入社する時にはそれほど高給でなくても、仕事の成績によっては後から給料アップすることも十分に可能です。実力が給与に反映されやすい職種なので、日本で営業マンをしていたり経験者なら、大きなやりがいを感じられるかもしれません。日系企業、現地企業、他国からの外資系企業などたくさんの企業がそれぞれ海外営業マンを募集しているので、いろいろな仕事を比較検討しながら探したいものですね。