移住時に必須となるベトナムの銀行口座の開設の仕方

ベトナムの銀行は大きく分けて国際銀行とローカル銀行の2種類があります。国際銀行の口座があれば日本やその他の国への送金や海外で預金を引き出すことができるATMカードが発行されます。ローカル銀行の口座は地方でも支店やATMが多いので入出金に便利ですが国際送金ができません。ベトナムに長期滞在している外国人であればどちらでの銀行でも口座を利用することができますし、実際に両方の銀行口座を利用している人が多くいます。

ベトナムでは外国人が銀行口座を利用できるのが基本的に入国ビザの有効期間内のみと規定されており、観光などの目的で入国する非居住者の口座の開設が断られる場合があります。ベトナムの銀行口座を開設するために必要な書類は身分証明書として必ずパスポートのコピーが必要です。さらに居住場所の確認のために住民票が求められる場合があります。外国人であれば入国ビザか労働許可証(Work Permit) 、滞在証などの提示が求められる可能性があるので、これらの書類の交付を受けていれば持参するようにします。銀行口座の開設方法は、必要な書類と現金を持参して銀行の営業時間内に窓口で行います。ベトナムの多くの銀行は日本の銀行と同じように目的別に分かれた番号札を取って待ち、番号が呼び出されたら窓口に行きます。

窓口で口座の開設をお願いすれば申込用紙が渡されるのでその場で記入します。ほとんどの銀行でオプションでインターネットバンキングのサービスが行われているので、窓口の会話が苦手な人はインターネットでも取引ができるようにしましょう。口座の種類は大きな国際銀行であればベトナムの法定通貨であるドンや米ドルや日本円があり、米ドル建ての国際送金が利用できます。