労働許可が困難、ベトナムでの飲食系の求人情報は見つかるか

ベトナムにはたくさんの飲食店やサービス系のショップがあり、求人もたくさん見つけることができます。日本で雇用されて駐在員としてベトナムへ派遣されるという仕事はかなりまれで、ほとんどの求人は現地企業や現地の日系企業が現地採用をしています。日本で生活しながらベトナムで飲食やサービス系の仕事を探したい人は、ベトナム国内の求人を取り扱っている求人サービスなどを利用しながら効率的に見つけると良いでしょう。現地で人材を十分に雇用できる仕事が多いため、就労ビザのサポートは行っていない企業も少なくありません。就労ビザが必要な場合には、求人数は多くても実際に働ける職場を見つけるのは少し困難になるかもしれません。

ベトナムの公用語はベトナム語なので、現地の人が多く足を運ぶ飲食店やサービス系のショップなどではベトナム語で日常会話ができることは必要最低条件となります。また、観光客や良く足を運ぶ観光名所や都市部などでは、日本語や英語のスキルが評価されるところもあるため、日本語を生かして働くこともできます。語学力はビジネス会話のようにハイレベルでなくても問題ありませんが、語学力があったほうが仕事は見つかりやすくなるので、ベトナムで働きたいと考えている人は普段から語学力をブラッシュアップしておくことをおすすめします。

飲食系やサービス系の仕事は、正社員として働くという選択肢の他に、アルバイトなどで働いている人もたくさんいるので、出されている求人も正社員なのかアルバイトなのかに注意して仕事探しをすることになります。就労ビザのサポートはアルバイトでは受けることができないので、日本からベトナムに仕事に行きたい人なら正社員の仕事に絞り込んで探すと良いでしょう。給与や待遇は仕事によって多種多様で、観光客が多く訪れる高級レストランなどでは比較的高待遇で働くこともできますが、現地の人が頻繁に利用するような施設では、あまり高給は期待できないようです。