未経験OKの求人情報はほぼ見込み無しのベトナム転職市場

ベトナムにも未経験OKの求人はたくさんあります。これらは現地の人を対象としていて、専門的な智識も技術も経験も必要ない仕事なので、給与や待遇面ではイマイチな求人が多くなります。ベトナム語を流暢に離せない日本人にとっては、言葉の面でもハンデがあり、経験もないというのでは現地採用の求人にはなかなか採用されにくくなってしまいます。現地の物価は日本よりも安いため、お給料が少なくても貯金を崩しながらしばらく生活できるという人なら、飲食系やサービス系の現地求人を探してみる方法もありますが、できるだけ高給で働きたい場合には、専門的なスキルや知識をもっていることは必要不可欠な条件となりますし、現地企業に採用されるよりも日本企業から駐在員として派遣された方が経済的には豊かな生活ができるため、まずは日本でスキルを磨くことが先決となります。

現地でこんな仕事をしてみたいけれど就労経験がないという場合には、まずは日本で就職をして、実務経験を積むことから始めてみてはいかがでしょうか。ベトナムで働くためには、専門的なスキルを持っていることと、英語およびベトナム語に精通しているなどの語学力も必要となりますから、日本で実務経験を積みながら語学面でもブラッシュアップするのが良いでしょう。日本である程度の実務経験を積み、専門的なスキルを身につければ、それを生かしてベトナムの現地企業からの求人募集に応募したり、ベトナムに進出している日本企業へ転職するなど、ベトナムへの距離も近くなります。

ベトナムで暮らしてみたいと思っているけれど、実際にはまだ一度も訪れたことがないという人は、まずは観光で一度ベトナムを訪れてみることをおすすめします。実際に肌でその文化や国を感じれば、より具体的な夢や目標が湧いてきますし、やる気アップにもつながります。日本人が多く働いている都市部を中心に、時間がある人は郊外まで足を延ばしてみて、人々の暮らしなどをチェックするのも良いでしょう。ベトナムに支社を構える人材派遣や求人サービスなどもありますから、ベトナムを訪れた際にふらりと立ち寄って相談してみるというのもアリですね。地図やインターネットでチェックするよりも、実際にその土地を自分の足で回ってみることによって、今までは気づかなかったけれどとても素敵な場所を見つけることができます。15日以内の滞在なら、入国ビザなどは必要ないので気軽にサッと訪れることができます。

日本人にも就業機会があるベトナムで盛んな産業はIT産業!

日本においても、グローバル人材が必要である、としきりに叫ばれる時代ですが、現在ベトナムにも多くの日系企業が進出するようになりました。
そんな中でも、特に進出が盛んで求人の多い業界についてお伝えします。
特に求人の多い業界としては、IT業界を挙げることができます。

以前でしたらIT業界といえば、シリコンバレーのイメージしかなかったですし、近年もインドのIT産業の発展がメディア等を通して伝わっていました。
しかし現在、そのインドに勝るとも劣らないIT産業大国へと歩みを進めています。
IT産業の著しい成長の要因として、日本企業からの依頼を受けて実施される、ベトナムに拠点を構える日系のIT企業によるオフショア開発が盛んになっていることがあります。
日本企業からの依頼が増加している理由としては、人件費の安さやベトナム人の親日性が考えられます。
しかし単にオフショア開発を依頼しているだけでは、日本人エンジニアと比較してベトナム人エンジニアのスキルが低いこともあり、依頼側の要求を満たす開発がなされる可能性は低いのが現実です。
そこで、日系のIT企業は、こうした問題を解決するための手段として、日系のIT企業においてベトナム人エンジニアをマネジメントできる人材を多く必要としているのです。
ベトナムで開発を行うことによる人件費削減というメリットに加え、日本企業が得意とする顧客の厳しい要求にも応えることのできるきめ細やかさをIT関連の日系企業は求めているのです。

ベトナムで現地での仕事を探す方法の概要

海外に行きたい願望を持っている日本人がたくさんいます。海外に行く方法は留学か移住かワーキングホリデーがあります。仕事をしながら海外で生活をすれば、安定した収入を得ながら異国の文化や価値観に触れることができます。日本人でも多くのひとがワーキングホリデーや仕事をしながら海外の生活をしている人がいます。

ベトナムに移住を考えている人は、現地での仕事の探し方をチェックしておきましょう。しっかりと収入源を確保しないと、海外での生活を維持することは難しくなってきます。ベトナムで就職活動をするときの方法はいくつかあります。日本と同じくフリーペーパーがあるので、上手に活用するといいでしょう。職種や給料や事業内容など、日本とおなじような項目で書かれているので探しやすいでしょう。また、求人紹介サイトに登録するのも良いです。日本人向けのサイトもあるので、活用すれば多くの企業を見つけることができます。

現地の友達に紹介してもらうのもひとつの手段です。ベトナムですでに活躍をしている日本人から紹介をしてもらえば、内定をもらえる確率も高くなります。しかし、紹介されている場合にはやめるときに注意が必要です。短期間で仕事をやめることだけはしないようにしましょう。

最後の手段としては、自力で企業を探す方法があります。企業のホームページから問い合わせをしたり、履歴書をおくる行動力が必要です。手間はかかりますが、本当に就職したい企業を見つけることができます。

将来ベトナム渡航を目指して、ベトナム関係の仕事に触れるには

ベトナムとかかわりがある仕事をしたいという人は、日本で働く方法とベトナムで働く方法からライフスタイルや希望に合わせて賢く選ぶことになります。日本にはベトナムに支社を構えて駐在員を派遣している企業がたくさんありますから、そうした企業へ就職すれば、ベトナムにかかわりがある仕事ができますし、もしかしたら将来的にはベトナムへ駐在できるチャンスもあります。一方、ベトナムで暮らしながら働きたい場合には、ベトナムでの求人を幅広く取り扱っている求人サービスがたくさんありますから、その中から就労ビザをサポートしてくれる企業を探し、就職してから渡航するという方法が良いでしょう。

ベトナムとかかわりがある仕事をしたい場合には、海外で働く場合に必要となる語学力は絶対に欠かすことができないスキルとなります。ベトナムの公用語はベトナム語なので、ベトナム語は最低でも日常会話ぐらいはできるレベルでいたいものです。また、日本人にはなじみのある英語はベトナムでもビジネスで良く使われる言語なので、こちらははTOEICで最低800点ぐらいを目安に取得できるように普段から英語力アップに励みたいものです。

ベトナムに関わりのある仕事と言っても、どのような働き方をするかによって給与や待遇面は大きく異なります。ベトナムで高待遇で働きたい場合には、日系企業からの駐在員という方法が理想的ですが、現地の人と同じような生活を楽しみながら働きたいという場合なら、現地企業から採用してもらったほうが満足度が高い働き方ができるかもしれませんし、税金や年金などは全て現地従業員と同じになるので、よりベトナムの生活を満喫できます。また、ベトナムでは古くからの慣習で年間で1か月分のボーナスが支給されることが多く、現地企業から採用される場合には、毎年必ず1か月分のボーナスも期待できそうですね。