ベトナムでも多い、観光業に携わる日本人向けの求人情報

日本からも毎年多くの観光客が足を運んでいたり、物価が安くて安全なベトナムに憧れて移住する日本人が毎年急増しているという背景のため、ベトナムでのホテルをはじめとする観光業では日本語を話せる人材の求人がたくさんあります。中でも、ホーチミンなどの都市部や観光客が多いエリアにおいては、日本人が現地採用してもらえることも多く、日本語を生かしてベトナムで働きたいという人にとっては、まさに理想的な環境と言えるのではないでしょうか。日本からの駐在員として求人募集されることはほとんどないので、日本で暮らしながらベトナムでの求人を見つけたい場合には、グローバルな求人斡旋をしているサービスを利用しながら仕事探しをする方法が効率的です。

ベトナムのホテルをはじめとする観光業で働く場合、コミュニケーション能力や対人スキルは求められる言語に関わらず必要不可欠なスキルとなります。日本からの観光客に対応するために採用される場合でも、現地のお客様に対応することももちろんありますから、日本語だけでなくベトナム語や英語にも精通していたほうが良いでしょう。さらに、観光業ではカスタマーサービスに関するスキルも必要になるので、日本でホテル勤務をしていたり観光業に従事しているなどの経験があると採用につながりやすくなります。

ベトナムのホテルや観光業で働く場合、現地採用となる場合が多いため、お給料はベトナムの一般的な給料である1500ドル程度が目安となります。1500ドルから税金や社会保険料などが天引きされるので、実質給料は1200ドル程度になります。現地企業に勤める場合には社会保険なども利用できますし、ベトナムは物価が安いので、比較的余裕のある暮らしができることが多いようです。ホテルや観光業で働くことは、ベトナムのオアシス的な雰囲気で仕事ができるので、楽しみながら仕事がしたい人にとってはぜひおすすめの業種と言えます。

年に2,3回のペースで行く私が好きなベトナム

私はベトナムが大好きです。かれこれ、年に2,3回のペースで行っています。

本当はもっと頻繁に行きたいのですが、やはりお金や時間が必要になりますからね。

それでも、毎年行くくらいには大好きですね。これまで色んな国には行きました。アジアならタイとかインドとか、ヨーロッパにも行きました。

その中でも、一番肌に合っていたのがベトナムだったんです。ホチミンが一番好きで滞在時間が多いと想います。

ベトナム料理が大好きなんですよね。フォーや生春巻きが大好きです。

特に高級レストランに行かなくても、屋台で十分安くて美味しい料理が食べられるのが良いんですよね。

物価が安いのがまた魅力的なんですよね。日頃、仕事で溜まったストレスを解消しに行くにはベトナムが一番です。

他の国に行くときは、「外国に来てるなぁ」っていうのがあるんですよ。

でも、ベトナムだけは「帰ってきたなぁ」という感覚を持つことができる唯一の国ですね。

街の景色なんかも大好きです。夢は、ベトナムに移住することです。そのために今必死で貯金しています。

憧れのベトナムで暮らせたら、なんて毎日夢想していますね。

言葉も今覚えているのでバッチリです。ぜひ、いろんな方にベトナムに行っていただいてその魅力を知って欲しいですね。

ベトナムの産業と食生活、日本経済とのつながり

かつて泥沼となった戦争があまりにも有名なベトナムですが、このアジアの中で注目されている国であり、人件費の安さからそして、中国の工場が人件費の高騰により採算が合わなくなってきていることで中国の工場を閉鎖してベトナムに工場を建設するという動きが強まってきています。メイドインベトナムと書かれている商品も確かに目立つようになってきているのは事実であり、この動きはこれからさらに加速していくものと思われています。産業として有名なのはコーヒーであり、コーヒー生産は世界でも有数の地域であり、コーヒーの輸出はとても盛んに行われています。

ベトナムの国土ですが、細長い南シナ海エリアであり、ハノイからダナンを通ってホーチミンまでかなりの距離があります。どちからというと政治ではハノイ、ビジネスや経済面ではホーチミンという感じであり、ホーチミンには大型ショッピングモールや観光名所、そしてツアーが充実しています。ベトナム人はヨーロッパからの植民地支配の影響でフランスパンを朝食に食べるという習慣があり、あちこちのお店で売っており、そのパンに野菜や肉などをはさんで食べるという欧米スタイルがかなり広がっています。肌の色は中国系に近く、日本人よりも小柄な人たちが多いのが特徴となっています。

移住時に必須となるベトナムの銀行口座の開設の仕方

ベトナムの銀行は大きく分けて国際銀行とローカル銀行の2種類があります。国際銀行の口座があれば日本やその他の国への送金や海外で預金を引き出すことができるATMカードが発行されます。ローカル銀行の口座は地方でも支店やATMが多いので入出金に便利ですが国際送金ができません。ベトナムに長期滞在している外国人であればどちらでの銀行でも口座を利用することができますし、実際に両方の銀行口座を利用している人が多くいます。

ベトナムでは外国人が銀行口座を利用できるのが基本的に入国ビザの有効期間内のみと規定されており、観光などの目的で入国する非居住者の口座の開設が断られる場合があります。ベトナムの銀行口座を開設するために必要な書類は身分証明書として必ずパスポートのコピーが必要です。さらに居住場所の確認のために住民票が求められる場合があります。外国人であれば入国ビザか労働許可証(Work Permit) 、滞在証などの提示が求められる可能性があるので、これらの書類の交付を受けていれば持参するようにします。銀行口座の開設方法は、必要な書類と現金を持参して銀行の営業時間内に窓口で行います。ベトナムの多くの銀行は日本の銀行と同じように目的別に分かれた番号札を取って待ち、番号が呼び出されたら窓口に行きます。

窓口で口座の開設をお願いすれば申込用紙が渡されるのでその場で記入します。ほとんどの銀行でオプションでインターネットバンキングのサービスが行われているので、窓口の会話が苦手な人はインターネットでも取引ができるようにしましょう。口座の種類は大きな国際銀行であればベトナムの法定通貨であるドンや米ドルや日本円があり、米ドル建ての国際送金が利用できます。