ベトナムの産業と食生活、日本経済とのつながり

かつて泥沼となった戦争があまりにも有名なベトナムですが、このアジアの中で注目されている国であり、人件費の安さからそして、中国の工場が人件費の高騰により採算が合わなくなってきていることで中国の工場を閉鎖してベトナムに工場を建設するという動きが強まってきています。メイドインベトナムと書かれている商品も確かに目立つようになってきているのは事実であり、この動きはこれからさらに加速していくものと思われています。産業として有名なのはコーヒーであり、コーヒー生産は世界でも有数の地域であり、コーヒーの輸出はとても盛んに行われています。

ベトナムの国土ですが、細長い南シナ海エリアであり、ハノイからダナンを通ってホーチミンまでかなりの距離があります。どちからというと政治ではハノイ、ビジネスや経済面ではホーチミンという感じであり、ホーチミンには大型ショッピングモールや観光名所、そしてツアーが充実しています。ベトナム人はヨーロッパからの植民地支配の影響でフランスパンを朝食に食べるという習慣があり、あちこちのお店で売っており、そのパンに野菜や肉などをはさんで食べるという欧米スタイルがかなり広がっています。肌の色は中国系に近く、日本人よりも小柄な人たちが多いのが特徴となっています。