将来ベトナム渡航を目指して、ベトナム関係の仕事に触れるには

ベトナムとかかわりがある仕事をしたいという人は、日本で働く方法とベトナムで働く方法からライフスタイルや希望に合わせて賢く選ぶことになります。日本にはベトナムに支社を構えて駐在員を派遣している企業がたくさんありますから、そうした企業へ就職すれば、ベトナムにかかわりがある仕事ができますし、もしかしたら将来的にはベトナムへ駐在できるチャンスもあります。一方、ベトナムで暮らしながら働きたい場合には、ベトナムでの求人を幅広く取り扱っている求人サービスがたくさんありますから、その中から就労ビザをサポートしてくれる企業を探し、就職してから渡航するという方法が良いでしょう。

ベトナムとかかわりがある仕事をしたい場合には、海外で働く場合に必要となる語学力は絶対に欠かすことができないスキルとなります。ベトナムの公用語はベトナム語なので、ベトナム語は最低でも日常会話ぐらいはできるレベルでいたいものです。また、日本人にはなじみのある英語はベトナムでもビジネスで良く使われる言語なので、こちらははTOEICで最低800点ぐらいを目安に取得できるように普段から英語力アップに励みたいものです。

ベトナムに関わりのある仕事と言っても、どのような働き方をするかによって給与や待遇面は大きく異なります。ベトナムで高待遇で働きたい場合には、日系企業からの駐在員という方法が理想的ですが、現地の人と同じような生活を楽しみながら働きたいという場合なら、現地企業から採用してもらったほうが満足度が高い働き方ができるかもしれませんし、税金や年金などは全て現地従業員と同じになるので、よりベトナムの生活を満喫できます。また、ベトナムでは古くからの慣習で年間で1か月分のボーナスが支給されることが多く、現地企業から採用される場合には、毎年必ず1か月分のボーナスも期待できそうですね。